シンガポールの交通 タクシー、MRT

空港からシンガポール市内へのアクセス

 

空港から約20キロ離れた市内へは各種交通機関が利用できます
その中でもMRT、市街地の主要ホテルへ向かうエアポートシャトルバスが
断然おすすめです。
なお、市街地から遠く離れた場所へ行くにはタクシーが便利です。

 

MRT(Mass Rapid Transit)

 

近代的なシンガポールの地下鉄です。エアコンも付いています。
電車の走行管理は全てコンピューター管理という優れも物です。
日中は約12分間隔で運行されています。
空港から市内へは約30分、料金はS$1.6

 

エアポートシャトルバス

6人乗りのバンで市内の主要ホテルへ向います。
空港の到着カウンターに受付があります。

 

路線バス

トランジット SBS Transit と SMRTバス SMRT Buses の二社が運営しています。
オーチャード・ロード沿道/シティ地区/マリーナ地区へ6分から最大で15分間隔で
運行しています。
約30分から50分、料金はS$1.9

 

タクシー

空港特別料金としてS$3からS$5かかります。
好きな場所へ行けるのが魅力です

 

 

シンガポール市内の交通機関

 

タクシー

日本の料金の1/3程度なので気軽に利用できます
ただし悪天候時、早朝、夕方の時間帯はつかまらないこともあります
乗る場所はホテル前やタクシースタンドで待つのが正解です(市街地)
ドアは手動で後部座席でもしっかりシートベルト着用が義務となっています。
料金はメーター制です。時間帯、曜日で割り増し料金となります。
支払いはクレジットカードでもokですが割り増し料金が加算されます。

 

MRT

1987年に開通しました。走行管理を全てコンピューター管理されています。
地下鉄とも呼ばれていますが地価は市街地のみで郊外は高架を走っています。
南北線、東西線、北東線、環状線の4ルートがあります。
主要駅での乗り換えも可能なため市街地中心部の交通には非常に便利です。

 

簡単な乗り方を紹介します

街の中心部の駅はほとんど地下にあります。地上には必ず看板やMRTのロゴマークが
あります。すぐにわかると思いますよ!
あとはどこの国でも同じように目的地までの切符を購入し、自動改札を通り
目的の電車に乗ります。日本と違い電車が近づいてもアナウンスはありません。
しかし表示板に行き先と電車が到着するまでの待ち時間が表示されます。
注意することは電車が止まったあと、ドアの開閉が日本より少し短く速いので
注意した方が良いですね!

 

ez-linkカード

コンセント
MRTで使える磁気カード。MRTの駅やサービスセンター等で購入できます。
乗降時に、ドアの側にある磁気読み取り機にかざすだけでokです。
値段は S$15。余ったらカード返却する際に全額返却されるので観光客には便利です。

 

バス

シンガポールの街中を網羅していますがバス停に名前も無く、車内アナウンスも
ありません。旅行者みたいに土地勘が無い人にはおすすめしません
ただどうしても乗りたい方は本屋で路線マップなどを購入した方がベターです。